印刷

サイトマップ

印刷業は大変です「頼れる便利屋」

はじめにお伝えしたいことがあります。それは「印刷業の用途」印刷業の用途は、豊富だということです。もっとも、仕事をしたことがない方の場合は、余り馴染みがないかもしれません。しかし、この業がなければ、世界が成立しないと言っても過言ではないほど、大事な役割を果たしています。

例えば、教育機関に関係している場合は、用途が多くあります。つまり、学術論文の印刷・発行、会員名簿の作成・発行、そして、会報誌の印刷・発行などがあります。また、学生の場合は、安価にコピーができる場合もあります。おそらく、とても懐かしい思い出があるのではないでしょうか。

それでは、企業の場合は、どのような用途があるでしょうか。例えば、会社が作成するドキュメント類は、外注することがあるでしょう。会社の場合は、商品のカタログ、会社の案内、名刺などもあるかもしれません。また、会社史、社員名簿、書状などもあるかもしれません。時には、商業用の広告も、印刷会社に依頼するかもしれません。

もっとも、上記のような立場にいないと、印刷業と直接関わることは、少ないかもしれません。もちろん、教育機関や会社以外であっても、自治会などの活動の為に、印刷業を利用することはあるかもしれません。しかし、それでも、これは印刷業を担当とする自治会などの役員の仕事とされるかもしれません。だから、もし印刷業を知りたいと思った場合、積極的に印刷業と関わってみる方法も良いかもしれません。新しい発見があるかもしれません。

広告と印刷

ここ数年で印刷業界の市場は縮小傾向にあります。インターネットの普及や通信技術の発達、スマートフォンや電子書籍の販売開始など、今まで「紙」が役割を果たしていた物がいつの間にか、たくさんデジタル化されました。今では新聞を契約する人が非常に少ないのが現状です。以前はテレビ欄だけを見るために新聞を取っている人は多かったと思います。しかし今では、テレビで番組表がすぐ見れます。新聞を発行している会社でさ…

印刷業界「コピーする時は、大きな味方」

もし教育機関に在籍した経験がある場合、印刷業界は、とても頼もしい存在であることがわかります。すなわち、これをコピーの仕方に限定して考えた場合、とてもわかりやすくなります。例えば、学生の場合、授業で利用するテキスト類をコピーすることがあります。ただ、コピーする著作の数は、1冊、2冊ではありません。本当に無数にあります。これを、1枚10円のコピー機で行った場合、費用がかさみます。もちろん、これら…

TOP