印刷

サイトマップ

広告と印刷

ここ数年で印刷業界の市場は縮小傾向にあります。インターネットの普及や通信技術の発達、スマートフォンや電子書籍の販売開始など、今まで「紙」が役割を果たしていた物がいつの間にか、たくさんデジタル化されました。今では新聞を契約する人が非常に少ないのが現状です。以前はテレビ欄だけを見るために新聞を取っている人は多かったと思います。しかし今では、テレビで番組表がすぐ見れます。新聞を発行している会社でさえ、その会社独自のウェブニュースサイトや電子版を始めています。いろいろな要因で新聞を手にする人が減ってきました。すると、チラシの販促効果も減ってきますので、チラシを作る企業が減ってきました。今ではチラシも、デジタル化されています。ダイレクトメールも今では、メールマガジンなどより効率の良いものに変わってきているのも事実です。これら全て印刷物です。今まであって当然だったものが減ってきています。大手の印刷会社でも印刷事業の縮小を行い、電子版などに力を入れてきています。
このままでは印刷物がなくなってしまうような話ですが、上記の内容の印刷物は大衆向け「どんな人にも同じ情報を知らせよう」というものです。現在の社会は情報が溢れています。必要な情報を自分で選べる時代です。これからの印刷は、本当に顧客が印刷に求める需要に応え、かつ価値のある印刷を行うことだと思います。そんなサービスがもう始まっています。
デザインや情報はお客様がウェブで作ってもらい、そのデータの印刷をプロが専門機械で行うサービスです。印刷物の通販です。今まで印刷といえば「専門的で、高速に大量生産」のような業界でした。今では、お客様が求めるものを、短期間に高いクオリティーで本当に必要な数量で販売することが可能になりました。インターネットを有効に活用した印刷業の形です。
以前は、印刷に関することを一から十まで行い、大量に生産していた時代から、印刷通販のように印刷作業そのものに特化した時代がやってきました。これからの印刷業界は「メディア」の形がたくさん存在する現在に、技術や印刷物そのものに新たな価値を創造する必要があり、今までとは違った変化や掛け合わせが必要とされてくるでしょう。

広告と印刷

ここ数年で印刷業界の市場は縮小傾向にあります。インターネットの普及や通信技術の発達、スマートフォンや電子書籍の販売開始など、今まで「紙」が役割を果たしていた物がいつの間にか、たくさんデジタル化されました。今では新聞を契約する人が非常に少ないのが現状です。以前はテレビ欄だけを見るために新聞を取っている人は多かったと思います。しかし今では、テレビで番組表がすぐ見れます。新聞を発行している会社でさ…

印刷業界「コピーする時は、大きな味方」

もし教育機関に在籍した経験がある場合、印刷業界は、とても頼もしい存在であることがわかります。すなわち、これをコピーの仕方に限定して考えた場合、とてもわかりやすくなります。例えば、学生の場合、授業で利用するテキスト類をコピーすることがあります。ただ、コピーする著作の数は、1冊、2冊ではありません。本当に無数にあります。これを、1枚10円のコピー機で行った場合、費用がかさみます。もちろん、これら…

TOP